初心者でもできる!多肉植物の育て方

更新日:

妻がですね~「多肉植物が可愛いんだよね♪」と言って、多肉植物を買ってきました。多肉植物なんかまったく知らない私には、可愛さが「ちーっとも」わかんないけど、妻は楽しそうです(笑)

 

そこで、私と同じように「多肉植物 初心者」の方に、多肉植物の育て方をご紹介します。参考にしてくださいね。




多肉植物の魅力

この多肉植物は、他の植物と違って見た目以外にも、こんな魅力があって人気なんですね。その魅力とは、

  • 水やりがほとんどない
  • 葉を置いておくだけで育っていく

事なんです。まー、まとめると「適当でも育つ」という事ですかね(笑)本当は、もっと違う事に魅力があるのかもしれないけど、妻に聞いたらこんな答えが返ってきたもので(^^;

 

では、多肉植物 初心者が育てるのに気になる事を、ざっとお伝えしていきます。

 

多肉植物の育て方

多肉植物の水やりの頻度は?

ほっといても育っていく?多肉植物。妻が行っている水やりの頻度はこの位。

  • 夏・冬は月に1回~2回。春・秋は週に1回程度

です。これが正しい水やりの頻度なのかは良くわかりませんが、今はこれ位の頻度で成長しています。

 

あと、水やりの仕方としては、1回で多めに水を上げるようにすると良いらしいです。(受け皿に水が出てくるくらい)

 

我が家では、何もわからず多肉植物を育てた最初の時、少量の水を数回に分けてあげていたら、根が腐り枯れてしまいましたので。

 

上の写真は、その枯れてしまった多肉植物の「葉」だけを置いて育てている写真です。1枚の葉から、たくさんの新しい多肉が育ってきました。(でっかい葉が親)

 

次は気になる、「多肉植物におすすめの土」をお伝えします。

 

多肉植物におすすめの土は?

これはですね、それぞれの多肉植物に合わせるのが1番良いという事なんですが、共通して言えることは「水はけの良い土」が、適しているという事。

 

市販でも、多肉植物用の土も売っているので、最初のうちはそれを使ってみて、徐々にその種類にあった土をブレンドすればよいかと思います。

 

さて、最後に多肉植物の日光の当て方をお伝えします。

 

多肉植物の日光の当て方

多肉植物の日光の当て方は、

  • 直射日光を避けて
  • 日当たりの良いところに当てる

と良いそうです。あと、「霜ができるほどの寒さ」は避けるようにした方が良いそうです。多肉植物の水分が凍ってしまうそうですから。

 

調べると、多肉植物を育てるのも大変なのかな、と思うんですが、他の植物を育てるより手は掛からなさそうです。忙しい方とか、忘れっぽい方には向いている植物かもしれないですね。ぜひぜひ綺麗な多肉ちゃんを育ててくださいね♪




-その他
-, , ,

Copyright© ライフタス , 2020 All Rights Reserved.